Wリーグオールスター2019-20 inTOKYO出場選手発表!感想などアレコレ

前回の記事で、2020年1月19日にアリーナ立川立飛で行われるWリーグオールスターの出場選手の予想を行いました。

 

i-love-this-game.hatenablog.com

 

11月25日に、東西それぞれ最後のひと枠となるTwitter投票による選出選手が発表され、ファン投票とリーグ推薦と併せ、すべての出場選手が出揃いました。
今回の記事では、出場選手たちのラインナップを紹介していきたいと思います。

 

出場選手

Team BLUE

ファン投票
リーグ推薦
Twitter投票
  • 星澤真(東京羽田/東)

町田、篠崎、岡本、宮崎、渡邉、水島、津村とスピードのある選手が揃っていますね。
ディフェンスリバウンドから、「ヨーイ、ドン!」でボールを前に投げたら、それだけで速攻レイアップの得点に繋がりそう(^^)

 

 

Team GREEN

ファン投票
リーグ推薦
Twitter投票

一方こちらは、山本、宮澤、三好、本橋、内野ら外角シュートの上手い選手が揃っています。
レイアップかってくらいに簡単に3Pシュートを決めてきそうです(^^)

 

 

以上が出場選手ラインナップですが、前回記事で挙げた予想と割に近いかなと。
岡本選手や野町選手をきちんと当てられたのはナイスなんじゃないかと思っています。

 

素朴な疑問とちょっとした提案

前回記事で、Wリーグオールスターについて、「素朴な疑問とちょっとした提案」ということで、2点挙げさせてもらいました。

 

①チーム名について

今回は、ファン投票における東西最多得票獲得選手各1名をキャプテンとして、その二人によるドラフト指名などによってチームを編成する方式を採りました。
NBAが2年前から取り入れている方式を参考にした形です。
NBAでは各チームのキャプテンの名前を冠したチーム名を付けていますが、Wリーグではどうするのか。
「TEAMルイ」と「TEAMサナエ」とかになるのか、選手たちで決めても面白いんじゃないか、と勝手に考えを巡らせていましたが、結果的には、(リーグ側で決めたのかな?)「Team BLUE」と「Team GREEN」ということで、無難なネーミングに落ち着きました。
まぁ、そうなりますよね。
色で分けたチーム名、悪くないと思います。
しかし、ブルーとグリーンってのは驚きました!
まさか同系色で来るとは!?
それもまぁ、悪くないと思います。
個人的に、Bリーグオールスターの「B.BLACK」と「B.WHITE」ってのは、色味が地味で、あまり好みではありませんでしたが、「青」と「緑」なら、明るめの色彩で、その点はいいんじゃないでしょうか。
オールスターはお祭りなんだし、色味も華やかな方がいいだろう、ということで。

 

②チーム編成について

今回は、出場選手の選出については東西の枠で行いましたが、チーム編成は東西の垣根をなくして両キャプテンによるドラフト指名などによって決められました。

ドラフト会議の様子(ダイジェスト版)↓

町田瑠唯&本川紗奈生 Wリーグオールスター ガチンコドラフト会議で対決!

 

ドラフト会議の様子(フル版)↓basketball.mb.softbank.jp

本家NBAでは、最後まで指名されずに残った選手がかわいそうなんじゃないか、プライドが傷つくんじゃないか、といったことが話題になりましたが、そうした問題が起こらないような工夫も見られ、また、単に指名していくのではなく、ゲーム性もあって、なかなか良い企画だと思いました。
ただ、リーグ推薦選手とTwitter投票選出選手は、リーグ側で「勝手に」割り振っているようで(、実際のところどう決めているかは分かりませんが)、そこはやはり、もうちょっとやり方があるのではないかと思います。
単純に、ドラフト会議の流れで全員の割り振りを決めていいような気もします。

 

③リーグ推薦について

ところで、上記2点に加えてもう一つ素朴な疑問なんですが、リーグ推薦ってどうやって決めてるんですかね!?
NBAだったら、ファン投票選出以外の選手は、コーチ推薦ってことで全HCによる投票で決めていますが、Wリーグオールスターにおけるリーグ推薦の場合、どういう決定過程で決められてるんでしょうか。
HC投票を行って、その上で、各チームから1名以上は出場できるように「調整」して、リーグ推薦として発表している、とか、そんな感じでしょうか。
可能であれば、リーグ推薦の決定過程、方法について知りたいところです。

 

 

それではまた~(^^)/

Wリーグオールスター2019-20 in TOKYO出場選手を予想してみた!

今回は、2020年1月19日(日)にアリーナ立川立飛で開催される、Wリーグオールスター2019-20 in TOKYOに出場する選手を予想していきたいと思います。
予想とはいっても、現実的に当てにいくというよりは、個人的な希望などを織り交ぜつつ、気楽に書いていこうと思います。

 

 

 

オールスター2020出場選手選抜方法 

Wリーグ公式サイトによると、今回のオールスターは、「ファン投票により東西各チーム5名ずつ選抜。東西最多得票獲得選手各1名をキャプテンとし、ファン投票で選ばれたキャプテン以外の8名からドラフト指名によりチーム分けを行う。各チームにリーグ推薦選手数名とTwitter投票選出選手を加えて対戦。」という方式で行われるそうです。
ファン投票は東西の枠でやるけど、その後のチーム編成は東西関係なくやるよ、ということですね。
NBAが2年前から採用している方式にならった形です。
当時、マンネリ化が指摘され、盛り上がりに欠けたイベントになっていたNBAオールスターですが、この方式にして再び盛り上がりを取り戻しています。
NBAでは、両キャプテンが自分たち以外の選手全員をドラフト指名しますが、Wリーグの場合は、ファン投票選出の残り8名のみがドラフト対象とのことなので、そこは違うかな。
いずれにせよ、良いものは取り入れていこうという姿勢がいいですね。
昨シーズンのNBAオールスターでは、レブロン・ジェームスとヤニス・アデトクンボの両キャプテンによるドラフト指名の様子が生中継され、注目を集めました。
Wリーグでも同じようにやるのはいろいろと難しそうですが、ドラフト指名の様子を、動画でも活字記事でも、何らかの形で伝えてくれるといいなと思います。

 

 

ファン投票選出選手

それでは、本格的に出場選手の予想に入っていこうと思います。
ファン投票自体は11月17日(日)24時の時点で締め切られていて、ファン投票選出選手は、リーグ推薦選手と併せて、11月22日(金)12時に発表予定です。
ここでは、11月6日(水)に発表された途中経過最終版をもとに、予想を組み立てていきます。
途中経過最終版は以下のようになっています。

〈EAST〉

  1. 町田瑠唯富士通レッドウェーブ
  2. 篠崎澪(富士通レッドウェーブ
  3. 吉田亜沙美JX-ENEOSサンフラワーズ
  4. 渡嘉敷来夢JX-ENEOSサンフラワーズ
  5. 本橋菜子(東京羽田ヴィッキーズ
  6. 山本千夏富士通レッドウェーブ
  7. 岡本彩也花(JX-ENEOSサンフラワーズ
  8. 宮澤夕貴JX-ENEOSサンフラワーズ
  9. 内野智香英(富士通レッドウェーブ
  10. 宮崎早織JX-ENEOSサンフラワーズ

〈WEST〉

  1. 本川紗奈生シャンソン化粧品シャンソンVマジック
  2. 高田真希(デンソーアイリス
  3. 坂田侑紀奈(シャンソン化粧品シャンソンVマジック
  4. 川井麻衣(三菱電機コアラーズ
  5. 水島沙紀(トヨタ自動車アンテロープス
  6. 赤穂ひまわり(デンソーアイリス
  7. 渡邉亜弥三菱電機コアラーズ
  8. 安間志織(トヨタ自動車アンテロープス
  9. 長岡萌映子(トヨタ自動車アンテロープス
  10. 馬瓜エブリン(トヨタ自動車アンテロープス

取り敢えず、ファン投票の順位はこのまま推移するとして、この段階での東西上位5名ずつを確定とします。
町田選手と本川選手が両キャプテンとして、篠崎、吉田、渡嘉敷、本橋、高田、坂田、川井、水島をドラフト指名で獲りあう、ということですね。

 

素朴な疑問とちょっとした提案①:チーム名はどうするの!?

ところで、チーム名は、「TEAM町田」と「TEAM本川」になるのでしょうか!?
昨季のNBAオールスターでは、「TEAMレブロン」と「TEAMヤニス」で、キャプテンのファーストネームを冠したチーム名になっていましたが、それにならうと、「TEAMルイ」と「TEAMサナエ」になるし、コートネームでいくと「TEAMルイ」と「TEAMイチ」に。
何にせよ、個人名をチーム名につけるのは、なんとなく日本の感覚からすると違和感がある気がするので、「TEAMレッド」と「TEAMブルー」とか、そういった感じに落ち着くような気がします。
ただ、各チームのキャプテンや選手たちのアイデアをもとにして、オリジナルのチーム名を付けても面白いと思いますし、そこのところのセンスだったり思い入れだったりが見られるのもファンにとっては嬉しいことだと思います。

 

 

リーグ推薦&Twitter投票選出選手

さあ、ここからはリーグ推薦選手とTwitter投票選出選手の予想をしていこうと思います。
ファン投票選出選手は、途中経過最終版からそのまま上位5名ずつ選んだので、本当の予想はここからですね。
昨季は、リーグ推薦で東西各7名、Twitter投票で各1名が選ばれました。
ここでは東西各8名をまとめて予想します。

〈EAST〉

〈WEST〉

以上のようになりました。
異論反論は受け付けません(笑)。
意外にもオールスター出場経験のない岡本選手や、現時点で勝率トップタイのトヨタ紡織の3名、日本代表でも目覚ましい活躍を見せた宮下選手あたりがポイントでしょうか。

 

素朴な疑問とちょっとした提案②:リーグ推薦とTwitter投票選出選手の所属チームはどうするの!?

上述までで、Wリーグオールスター2020出場選手(予想)が出揃ったんですが、ファン投票選出選手は両キャプテンによるドラフト指名で配分するとして、それ以外の選手はどうするんでしょうか!?
東西の枠のまま、たとえば、JXや羽田の選手は「TEAMルイ(仮)」に、三菱電機トヨタ自動車の選手は「TEAMイチ(仮)」に割り当てられるんでしょうか??
それだと、せっかくドラフト制を導入した意義が薄らいでしまいますし、もしリーグの側で「勝手に」割り当てを決めたりしたら、それはそれでなんか違うよね感があります。
両キャプテンが全選手をドラフトで獲りあってもいいと思いますし、逆に選手たち自身がどちらに入りたいか選ぶとか、両HCがドラフト指名するとか、はたまた完全にくじ引きで決めるとか、何かしら、東西の枠のまま割り当てるのではなく、リーグ側で「勝手に」決めるのでもない方法がいいかな、と個人的には思います。

 

 

最後に

各選手の選出理由なども詳しく書きたかったのですが、それはまた別の機会があればということで。
Wリーグオールスター2019-20 in TOKYO、開催は暫く先になりますが、本当に今から楽しみです!

本橋菜子がMVP!:日本代表がFIBAアジアカップ4連覇を達成

バスケットボール女子日本代表が、インド・バンガロールで行われたFIBA女子アジアカップ2019を制し、4連覇を達成しました。

4大会連続アジア女王となった日本代表(写真=FIBAf:id:i-love-this-game:20191003184859j:plain

 

今大会、日本代表は、グループリーグでインド、チャイニーズ・タイペイ、韓国に危なげなく勝利し、全勝で決勝トーナメント進出。
準決勝でオーストラリア、決勝で中国を、それぞれ、厳しい局面を迎えつつも乗り越え、悲願の優勝、アジア4連覇を勝ち取りました。

そして、大会を通して尻上がりにパフォーマンスレベルを上げ、日本代表の優勝に貢献し、大会MVPを受賞したのが本橋菜子選手。

 

大会MVPに輝いた本橋(写真=JBAf:id:i-love-this-game:20191003171244j:plain


韓国戦で21得点、オーストラリア戦で22得点、中国戦で24得点を挙げる大活躍。
得点王(1試合平均17.0点)とアシスト王(1試合平均5.0アシスト)にも輝き、宮澤夕貴選手とともに大会ベスト5にも選ばれています。

 

大会ベスト5(左から、オーストラリアのベック・アレン、中国のハン・スー、本橋、中国のシャオ・ティン、宮澤)(写真)(写真=JBAf:id:i-love-this-game:20191003184931j:plain

 

Wリーグの東京羽田ヴィッキーズに所属する本橋選手(コートネーム/ニックネームはナコ)。
自ら積極的に攻める姿勢が特徴のPGです。
ドライブあり、3Pシュートあり、ミドルジャンパーありと、どこからでもスコアすることができます。
自らの得点だけでなく、当意即妙のパスで味方の好機を演出する場面も多く、また、粘り強いディフェンスでもチームを助ける、素晴らしい選手です。

 

本橋選手のオーストラリア戦ハイライト
Nako Motohashi drops 22 points in 27 minutes | FIBA Women's Asia Cup 2019

 

本橋選手の中国戦ハイライト
Nako Motohashi's 24 PTS push Japan past China to win Gold! - FIBA Women's Asia Cup 2019

 

本橋選手の大会を通してのハイライト
Nako Motohashi - Japan - MVP Mixtape - FIBA Women's Asia Cup 2019

 彼女のスキルレベルの高さと縦横無尽なプレイぶりが分かると思います。

 

ハンをかわしてシュートに持ち込む本橋(写真=JBAf:id:i-love-this-game:20191003184958j:plain

 

 

さあ、本橋菜子選手をはじめ、4連覇を果たした女子日本代表の多くが所属するWリーグの2019-20シーズンが、いよいよ10月4日(金)に開幕します。
また、学生で唯一メンバー入りした中田珠未選手(早稲田大学)の学生ラストシーズンも残り数か月となっています。
アジアを制した勢いそのままに、それぞれの所属チームでもまた大暴れしてくれることを大いに期待しています!

 

FIBA女子アジアカップ2019日本代表メンバー