NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 6

f:id:i-love-this-game:20200916142642j:plain

NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた」シリーズの続編です。
では、いってみましょう。
今回は以下の3名です。
 
 

マイシャ・ハインズ=アレン/Myisha Hines-Allen(ワシントン・ミスティックス)

COMPARISON|モントレズ・ハレル
インサイドプレイヤーとしてはアンダーサイズながら、持ち前のパワーとガッツと機動力で得点を量産するプレイヤーです。
リングに背を向けたバックダウンからポストプレイを展開するというよりは、ゴールに正対した状態からの1対1を好みます。
2019-20シーズン、NBAの6thマン賞を受賞したハレルと似たプレイスタイル。
ハレルと違うのは、スリーポイントもレパートリーなこと。
まだ若く今後のさらなる成長が楽しみな選手。
ちなみに、二人ともルイビル大出身です。

youtu.be

 
 

アリケ・オグンボワレ/Arike Ogunbowale(ダラス・ウィングス

COMPARISON|ドノバン・ミッチェル
得点力抜群のオグンボワレ。
ミッチェル同様、SGとしてはややアンダーサイズながら、チームのエースとして、自らガンガン点を獲りに行くプレイヤーです。
この選手が働いてくれないとチームとしてどうにもならない、というチーム事情も似ています。
ちなみに、ミッチェルも、上述のハインズ=アレンとハレルと同様ルイビル大出身です。

youtu.be

 
 

ケルシー・プラム/Kelsey Plum(ラスベガス・エーシズ)

COMPARISON|岡本彩也花
※2020シーズンは欠場
故障のため欠場することになってしまったプラムですが、COMPARISONを考えるなら、WリーグENEOSサンフラワーズの岡本選手(NBA選手でなくてスミマセン汗)。
サウスポーで、キレ味抜群のドライブやスリーポイントで、チームに勢いをもたらします。
来季以降、怪我から回復して、従来の(あるいはそれ以上の)プレイを見せてくれることを期待したいプレイヤーです。

youtu.be

 
 
※選手名のカタカナ表記は一般的な表記と異なるかもしれません
※あくまで私個人の独断と偏見にもとづきますので、その辺りは温かい目で、広い心で読んでいただければと思います
※女子アスリートを「女性版○○」とすることは、女性を男性の一段下に位置づけることにつながるという見方もありますが、今までWNBAや女子スポーツに関心のなかったあるいはもっと知りたいという方が、興味を持つきっかけやより詳しく知る一助になれば、との思いで執筆していますので、その点ご了承いただければと思います
 
ご拝読いただき有難うございます。
また書きたいと思います!
それではまた(^^)/
 

NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた
NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 2
NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 3
NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 4
NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 5

NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた Part 5

f:id:i-love-this-game:20200811090601j:plain

NBAでいうとだれ!?WNBA選手をNBA選手でたとえてみた」シリーズです。

それでは、行きます。
今回取り上げるのは下記の3名。
 

ケネディ・カーター/Chennedy Carter(アトランタ・ドリーム)

2020年シーズンのルーキー。
観ていて楽しいプレイをする選手です。
踊りを舞うようなドリブルワーク、フェイントから、軽やかにリングにアタックして得点します。
ファンシーなパスから味方の得点をアシストするのも巧いです。
不遜に見える佇まい(見えるだけだと思いますが)も、アイバーソンっぽくて魅力的です。
顔もちょっとアイバーソンに似ているかも!?

youtu.be

 
 

ナフィサ・コリアー/Napheesa Collier(ミネソタ・リンクス)

COMPARISON|ブランドン・イングラム
スモールフォワードとしては長身で、手足が長く、現時点では、若いこともあって細身で若干頼りない印象もありつつ、将来性抜群で、エース/スターとして成長過程にいる選手です。
NBAでたとえるなら、ニューオーリンズペリカンズのイングラム
シュートが上手くて、スリーポイントラインの外で相手の驚異になれる。
ディフェンスがそこを抑えにいくと、ドライブでリムにアタックできる。
順調に成長していくことができれば、数年後、MVPクラスになれる逸材です。

youtu.be

 
 

サミ・ウィットコム/Sami Whitcomb(シアトル・ストーム

COMPARISON|林咲希
NBA選手にたとえると銘打っていながらアレですが、ウィットコムはまさしくWNBAの林咲希(ENEOSサンフラワーズ/日本代表)だろう、ということで。
シューターです。
クイックリリースでリングを射抜きます。
林選手が、「(空いたら打つではなく、)持ったら打つ」という意識でプレイした、というようなことを2020年2月のオリンピック最終予選(OQT)のベルギー戦で言っていましたが、ウィットコムもまさにそんな感じで、ゾーンに入ったらマシンかのように無心に正確にスリーを決めてきます。
コートに立っている間は一瞬たりと手を抜かず、走り続け、ハッスルプレイでもチームに貢献するところもまた、林選手と似ているところです。

youtu.be

 
 
※選手名のカタカナ表記は一般的な表記と異なるかもしれません
※あくまで私個人の独断と偏見にもとづきますので、その辺りは温かい目で、広い心で読んでいただければと思います。
 
ご拝読有難うございます!
また書きたいと思います!!
 
それではまた(^o^)/